2019年度京都会議

2019活動報告

1月17日(木)~20日(日)にかけて、2019年度京都会議が国立京都国際会館にて開催されました。

全国694LOMの青年会議所メンバーが京都の地に集う日です。

本年度メインフォーラムでのテーマは、SDGsについてです。

講師に片山さつき大臣など興味あるものでしたが、超満員のため入場は叶いませんでした。

【SDGsとは】

 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

 

20日には新年式典があり、

本年度会頭である鎌田長明君(かまた ながあき)が、共に心躍る未来へやりましょう!

のスローガンを打ち立て全国各地の青年会議所メンバーに発信されました。

 

 

最後に、京都会議への参加御礼を会頭の鎌田長明君より頂戴しておりますのでご紹介させていただきます。

 

【会頭からのメッセージ 参加御礼】
 
平素より公益社団法人日本青年会議所の運動、活動にご理解、ご協力を頂き誠にありがとうございます。
さて、今年も京都の地において、1月17日から20日にかけて外務省の協力のもと京都会議を開催いたしました。
多くの日本JC出向者及び各地の青年会議所の皆様にご参加いただき、本当にありがとうございました。
 
本年度の京都会議では、SDGs推進宣言が日本JC総会において全LOMの共通の事業項目として全会一致で可決され、日本JCと外務省の「持続可能な開発目標(SDGs)推進におけるタイアップ宣言」が行われるなど、SDGsが大きく注目されました。
本年度、日本JCでは、社会を発展させ、経済を発展させるために「青年会議所が日本一のSDGs推進団体になる」という目標を掲げております。
2019年はSDGsに向かって社会が動き出す年であり、青年会議所がSDGsを推進することは、全てのLOMの運動・活動がより力を持ち、青年会議所の価値をより多くの国民が感じていただけることに繋がると確信しております。