国宝・彦根城築城410年祭主催事業 演劇『彦根物語-女城主と井伊直政』

11月4、5日に国宝・彦根城築城410年祭主催事業「演劇『彦根物語―女城主と井伊直政』」を彦根青年会議所が担当させていただきます。脚本は「武士の家計簿」「殿様の通信簿」の著者である人気の歴史研学者 磯田道史氏に書き下ろしていただきました。

徳川四天王と言われた彦根藩主 井伊直政の育ての親でもある遠江国井伊谷の女領主 次郎法師。永禄年間の戦国の世を女性ながら領主として多くの混乱を乗り越えてきた次郎法師とは、何者なのか?直政と次郎法師、そして家康との関係は?といった内容です。

演劇後は磯田道史氏の講演を11月4日昼・夜の部終了後と5日昼の部終了後に、また、子ども殺陣体験を11月4日昼の部終了後のみ行います。

HIKONE ART CASTEL 2017を締めくくる演劇をこの機会に是非お楽しみください。

日時 11月4日(土)昼の部 15時開演 夜の部 18時30分開演
11月5日(日)昼の部 13時開演

場所 ひこね市文化プラザエコーホール

チケット価格 3,000円(税込)
※チケットのお求めはひこね市文化プラザチケットセンターまで
電話 0749-27-5200