『彦根かるた』 かるた取り大会

3月5日(土)、彦根に春の訪れを告げる伝統の「彦根かるた」かるた取り大会が開催されました。本年で21回目を数えます。現在は中日新聞社さんが主催されておりますが、彦根かるたの作成に彦根青年会議所が携わった関係で現在も審判のお手伝いをさせていただいております。

さて、園児から小学生までの150名が参加され、ビバシティーホールにて熱戦が繰り広げられました!読み人が読み札を読み上げる瞬間にかるたに手を伸ばすほど勝負は一瞬です。参加者の皆さんがこの日のために練習を重ねてこられたことが直ぐに分かります。参加者の方に感想をお聞きすると「この日のために正月ぐらいから家族と練習をしてきた」と仰っておられる方もあり、彦根かるたが家族のコミュニケーションの1つになっているのだと感じることができました。

この彦根かるたはキャッスルロードの歩道に埋め込まれているのをご存知でしょうか?その写真を撮ってきましたので掲載いたします。キャッスルロードに訪れた際は是非見てください!