2月(異業種交流)例会開催

2月6日(月)一般参加者にもご参加いただき、2月度異業種交流例会を開催しました。

本例会は、日常の多くの時間を占める「仕事(本業)」とは別の領域で活動することは、視野が広がることで物事を多角的に捉える能力が身に付き、それが仕事や人生をより豊かにすることではないかと考え、異業種の方と交流を図る内容で開催しました。その第一歩を踏み出すため、こころ元気研究所・所長 鎌田 敏氏をお招きし「ツナガリこそ宝~社業を豊かにする青年世代の絆コミュニケーション~」をテーマにご講演と実践形式で手法を学びました。

最初に参加者がペアとなって自己紹介を兼ねて自分の仕事の内容や誇りに思うこと等を説明しました。異業種のお話を聞くことは、その業種の内容はもちろんのこと、自分が想像していたことと違うことが発見でき、自分の価値観が自然に変わっていくことに気づきました。更に鎌田氏から実践内容の説明と、より相手と上手くコミュニケーションを深める考え方や手法を具体的に説明いただきました。実践と説明を繰り返していくうち、自然と人と繋がることは難しくないと感じ、人と繋がることで様々な価値観を吸収し、自己の価値観を変えてくれることに気づきました。異業種と交流することは同業種では得られない価値観を生み出すことができます。

最後に本例会を担当した宮川拡大特別委員長から「若いうちに繋がりをもつことは多くの人に出会え、自身の可能性を高めることができると思っています。その可能性を高める団体の1つが青年会議所ではないのか、私自身は少なくともそう思って所属しています。だからこそ、異業種交流を図ることが有効と考え本例会を開催させていただきました。私たち彦根青年会議所に多くの仲間を迎え、このまちの発展に寄与していきましょう」と熱いメッセージが発せらせました。

本日の例会のご参加いただきました皆様、楽しい雰囲気の中で多くの学びをくださった鎌田様、本当にありがとうございました。

下記の画像をクリックしていただきますと他の画像が閲覧できます。