5月度例会~夢ある未来を想い描こう~を開催いたしました

 

5月6日に想いを紡ぐRevision特別委員会による

「5月度例会~夢ある未来を想い描こう~」が開催されました。

特別委員会の設営とあって、川口特別委員長の開会宣言、特別委員会メンバーによるセレモニーは、

厳粛な雰囲気で常設委員会のお手本となるものでした。

本例会では、60周年時に策定された運動指針

「New Value for Our Future~夢ある未来へつなぐ新たな価値の創造~の本来の意味や、

この5年間に行ってきた運動・活動・事業が運動指針に沿った内容であったかを検証し、

そして、今後の彦根青年会議所の運動の方向性を見出し、”ひこね”の夢ある未来を想い描くのは俺たちだ!!

と言う熱い想いの下、青年会議所運動に邁進していくために開催されました。

 

委員会タイムでは、運動指針が策定された背景や目的などをメンバーが改めて認識するための

プレゼンテーションが行われました。

メンバー席の真ん中からプレゼンを行う川口委員長。

常にメンバーと同じ目線、同じ想いを持って考えて行きたいという想いの表れでした。

 

私たちが運動を行う中で、根幹の一部となっているのが運動指針です。

その運動指針には、4つの”つくり”があります。

1.「まち」づくり

2.「ひと」づくり

3.「こころ」づくり

4.「組織」づくり

これらを再度理解し、考え直すためにそれぞれのお題に対し、

賛成と反対に分かれて意見を出し合いました。

在籍年数の長いメンバーや委員長連、新入会会員から数多くの意見がありました。

本例会で出し合った意見をもとに、今後5年間の活動の行く末を見据えた運動指針の原案が

8月度例会で提案されます。

私たちがしっかりと進むべき方向を示し、想いを持って行動していくことが大切です。

本例会で学んだことや再認識したことは次代に引き継がれ、進化していきます。

本例会を通して、彦根青年会議所の根幹となる部分を知ることが出来た例会でした。

ご設営頂きました、想いを紡ぐRevision特別委員会の皆さま、お疲れ様でした。